書誌事項

ミドルマーチ

ジョージ・エリオット [著] ; 工藤好美, 淀川郁子訳

(講談社文芸文庫)

講談社, 1998

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

タイトル別名

Middlemarch

タイトル読み

ミドルマーチ

大学図書館所蔵 件 / 70

注記

底本: 世界文学全集第30-31巻「ミドルマーチ 1-2」(講談社, 1975)

ジョージ・エリオット年譜(工藤好美編): 4. p413-417

主要著作(大原千代子編): 4. p420-421

内容説明・目次

巻冊次

1 ISBN 9784061976276

内容説明

美しいドロシアとその妹シーリアは両親をうしない、伯父のブルック氏のもとに身を寄せている。宗教的理想に燃えるドロシアは、大地主の青年チェッタム卿を退け、二十七歳年上のカソーボン牧師との結婚をえらぶ。イングランド中部の商業都市ミドルマーチを舞台に多彩な人間模様を描写した、ヴィクトリア朝を代表する女流作家ジョージ・エリオットの代表作。
巻冊次

2 ISBN 9784061976320

内容説明

ドロシアと結婚した二十七歳年上のカソーボン牧師は、妻に好意を寄せるいとこのラディスローへの嫉妬に苦しむ。この物語のもう一方の主要人物である有能な青年医師リドゲイトは、ミドルマーチ市長の娘ロザモンドと結ばれる。イングランド中部の商業都市ミドルマーチを舞台に多彩な人間模様を描写した、ヴィクトリア朝を代表する女流作家ジョージ・エリオットの代表作。
巻冊次

3 ISBN 9784061976368

内容説明

年長の夫カソーボン牧師は散歩中に死ぬが、ドロシアは青年ジャーナリストのウィルに密かな思いを寄せる。一方、市長の娘ロザモンドと結婚したリドゲイト医師は派手な生活から借金に追われ、わがままな妻に失望する。イングランド中部の商業都市ミドルマーチを舞台に多彩な人間模様を描写した、ヴィクトリア朝を代表する女流作家ジョージ・エリオットの傑作長篇。
巻冊次

4 ISBN 9784061976382

内容説明

銀行家バルストロウドの旧悪を知るラッフルズの不審な死に医師リドゲイトもかかわっていたらしいという噂に、ミドルマーチ中が大騒ぎとなるなか、ドロシアは慕い続けてきたウィルと再婚して、物語は大団円を迎える。イングランド中部の商業都市ミドルマーチを舞台に多彩な人間模様を描き出した、ヴィクトリア朝を代表する女流作家ジョージ・エリオットの代表作。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA37378046
  • ISBN
    • 4061976273
    • 406197632X
    • 4061976362
    • 4061976389
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4冊
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ