書誌事項

企業会計論

松吉定男著

多賀出版, 1998.10

タイトル読み

キギョウ カイケイロン

大学図書館所蔵 件 / 62

内容説明・目次

内容説明

本書は、資本会計から始めて資産会計、負債会計、収益会計、費用会計の順で記述されている。資本会計以外の会計は、その展開部分でしかない、と考えられているので、その展開は、資本の増分としての利益への資産・負債からのアプローチとなる。この資産・負債アプローチに対して、収益会計・費用会計から始めるとなると、収益・費用アプローチをとったことになる。本書は、財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(通称、財務諸表規則)をベースにしている。しかし、従来の類書にはない思い切った試みもしている。理論の分野では、大幅な記述の簡略化を行い、さらに、条文参照の分野では、但し書きや項を省略することにした。

目次

  • 会計の意義
  • 資本会計
  • 資本会計
  • 負債会計
  • 収益会計
  • 費用会計
  • 財務諸表
  • 経営分析
  • 会計理論
  • 企業会計原則〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA37817532
  • ISBN
    • 4811551419
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 182p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ