斬首の美学 : ギロチン処刑史「クビを斬る人、斬られる人」

書誌事項

斬首の美学 : ギロチン処刑史「クビを斬る人、斬られる人」

吉田八岑著

人類文化社 , 桜桃書房, 1998.8

タイトル読み

ザンシュ ノ ビガク : ギロチン ショケイシ クビ オ キル ヒト キラレル ヒト

大学図書館所蔵 件 / 8

注記

「ギロチン」(北宋社 1991年刊)の改題改訂

内容説明・目次

内容説明

「罪人×処刑人」両者に纏わる人間模様と背筋も凍るプライバシーを描いた著者渾身の歴史ドキュメント。

目次

  • 第1章 断頭台(ギロチン)
  • 第2章 ギヨタン博士とギロチン
  • 第3章 断頭処刑具の起源
  • 第4章 ルイ博士とギロチン
  • 第5章 実験
  • 第6章 改良
  • 第7章 初期型ギロチンによる処刑
  • 第8章 確立された処刑変遷
  • 第9章 断頭後、意識はあるのか?
  • 第10章 処刑人に対する世論と偏見
  • 第11章 処刑人の血脈
  • 第12章 処刑人サンソン家の系譜
  • 第13章 処刑人デブレ家の盛衰
  • 第14章 処刑人たちの報酬
  • 第15章 82人の処刑者たち

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA39076015
  • ISBN
    • 4756708609
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    214p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ