書誌事項

平安の春

角田文衞 [著]

(講談社学術文庫, [1360])

講談社, 1999.1

タイトル読み

ヘイアン ノ ハル

大学図書館所蔵 件 / 176

内容説明・目次

内容説明

藤原氏栄華の礎を築き、数々の美徳をそなえた好人物とされる師輔の真の姿を浮彫りにし、専制君主白河法皇の激しくも淋しい生涯に迫る…。後宮の栄光に溢れた優麗典雅の生活あり、争いに敗れ鄙に隠栖する悲しき女性も垣間見える。平安の都を舞台に繰り広げられる人間模様を、多くの文献の読み込みと深い洞察で語る学術エッセイ。

目次

  • 第1部 春にかすめる(平安の春;師輔なる人物;花山天皇と熊野 ほか)
  • 第2部 花の散るのみ(四条宮下野;白河法皇;院宮の女房たち ほか)
  • 第3部 春し暮れなば(薄倖の后;義経と平泉;実朝の首 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA39379389
  • ISBN
    • 4061593609
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    328p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ