「政策新人類」が日本を変える

書誌事項

「政策新人類」が日本を変える

茂木敏充著

ごま書房, 1999.1

タイトル別名

「政策新人類」が日本を変える : Pithecanthropus politicus

タイトル読み

セイサク シンジンルイ ガ ニホン オ カエル

大学図書館所蔵 件 / 7

内容説明・目次

内容説明

「静的」対策から、時間軸のある「動的」解決策へをキーワードに、自民党、大蔵省、銀行の「敗北」、ベンチャービジネスと土地・住宅の「代謝」、少子高齢化社会での「自立」、英国病からの脱出、そして二十一世紀への「飛躍」の構成をもとに、政界に新風を吹き込みつつある「政策新人類」の著者が、次世代に向けて政治改革論を提唱する。

目次

  • プロローグ 「政策新人類」の出現と日本政治の新潮流
  • 第1部敗北 政・官・財の主役たちの交代(参院選敗北の原因;業績評価のない大蔵行政 ほか)
  • 第2部代謝 ベンチャービジネスと土地、住宅がリード役(東大では「たし算」しか教えなかったのか;「買い渋り」の原因)
  • 第3部自立 少子高齢化社会のキーワード(少子化・高齢化への新たな視点;目的のない大学生・評価のない大学)
  • 第4部飛躍 企業の競争力よりも制度の競争力(制度の競争力と三つのインフラ整備;マルチの外交と二十一世紀への投資)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA40152187
  • ISBN
    • 4341171852
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    270p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ