書誌事項

新刑法教室

植松正著 ; 日高義博補訂

信山社出版, 1999.2-2001.3

  • 1: 総論
  • 2: 各論

タイトル読み

シン ケイホウ キョウシツ

大学図書館所蔵 件 / 80

内容説明・目次

巻冊次

1: 総論 ISBN 9784797250862

内容説明

刑法は多くの法のなかでも、著しく哲学や倫理学あるいは心理学や社会学などの諸学科に密接なつながりを持つものである。その意味では、専門外の人々にも、もっと親しまれ、もっと理解されてよいはずの法である。卑近な面では、毎朝毎夕の新聞やラジオの報道を埋めている各種の犯罪事件について、世人は多かれすくなかれ興味を持っている。その意味でも、犯罪の法であり刑罰の法である刑法は、一般の人々にもっと身近なものとして理解されることが望ましい。そういったことを目ざしてこの本を書いた。補訂に際しては、まず平成七年の刑法一部改正に準拠して条文、罪名などの表記を改めた。内容的に補足する必要のある箇所については、節の終わりに「補遺」を挿入したほか、短文で済むものについては括弧書きにして文のなかに書き加えた。判例の引用については、判例を検討する際の便宜を考え、出典を付記した。個人名については、フルネームで表記することにしたが、被告人名等は略した。

目次

  • 刑法学と犯罪の理論(刑法学と刑罰法規;犯罪行為の基本形態;犯罪行為の特殊形態)
  • 刑罰の理論(刑罰の理論)
巻冊次

2: 各論 ISBN 9784797250879

内容説明

実践的感覚に裏づけられたシャープで明快な理論、適用結果、正義感との検証で圧倒的支持を受けた植松・刑法教室が日高義博教授の手で完全復活。

目次

  • 第1部 公益犯罪の法理(革命と内乱罪—内乱に関する罪;戦争と刑法—国交に関する罪・外患に関する罪;公務執行の妨害—公務執行を妨害する罪;脱獄犯—逃走の罪 ほか)
  • 第2部 私益犯罪の法理(殺人—殺人の罪;暴行と傷害—傷害の罪;過失傷害と過失致死—過失傷害の罪;堕胎—堕胎の罪 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA40285985
  • ISBN
    • 4797250860
    • 4797250879
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ