書誌事項

風に運ばれた道

西江雅之著

以文社, 1999.4

タイトル読み

カゼ ニ ハコバレタ ミチ

大学図書館所蔵 件 / 54

内容説明・目次

内容説明

言語が幾重にも織り成し、せめぎ合う土地への、異色の言語学者による旅。透明な文章で、諸民族が出会い、触れ合った刻の足跡を辿る。

目次

  • 国境の町—与那国島/日本
  • 海上の風の道—東アフリカ沿岸
  • インド洋の貴婦人—ポート・ルイス/モリシャス
  • 歴史の陰で—モロニ/コモロ・イスラム連邦共和国
  • 未知への内省—ポル・トウ・プランス/ハイチ
  • 既知の未来—ユカタン/メキシコ
  • 多様性と純粋性の確執—アンダルシア/スペイン
  • 言語の連続体—オアフ島/ハワイ
  • 「天国」と「地獄」—ヌメア/ニューカレドニア
  • 遠い国土—ギアナ/フランス
  • 多様な出会い—マルチニータ/フランス
  • 神話と現実—リフト・バレー/ケニア
  • 置き去りにされた刻—モンザバ/ケニア
  • 埋もれた過去/日本

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4112917X
  • ISBN
    • 4753102033
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    249p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ