書誌事項

トマス・アクィナス

稲垣良典 [著]

(講談社学術文庫, [1377])

講談社, 1999.5

タイトル別名

トマスアクィナス|トマス アクィナス

タイトル読み

トマス・アクィナス

大学図書館所蔵 件 / 197

注記

底本: 講談社刊「人類の知的遺産」シリーズの『トマス・アクィナス』 (1979年)

文献案内: p513-514

トマス・アクィナス年表: p515-519

内容説明・目次

内容説明

理性優位の時代に、科学は、また宗教は、人間の生といかに係わっていくのか。本書は、中世最大の思想家トマス・アクィナスの理性と信仰の総合へ向かう思索の軌跡を、伝記や『神学大全』等の著作に拠りつつ論証する。「恩寵は自然を破壊せず、むしろこれを完成する」というトマスのテーゼに、21世紀への解が示される。

目次

  • 1 トマスの思想(日本におけるトマス;思想史におけるトマスの位置 ほか)
  • 2 トマスの生涯(幼少年時代;ナポリの大学とドミニコ会 ほか)
  • 3 トマスの著作(著作の分類と解説;トマス著作集)
  • 4 トマスとトミズムの歴史(トマス没後五十年;近世初期におけるトミズム ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA41239826
  • ISBN
    • 4061593773
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    527p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ