書誌事項

近世説美少年録

[滝沢馬琴著] ; 徳田武校注・訳

(新編日本古典文学全集, 83-85)

小学館, 1999.7-2001.10

  • 1
  • 2
  • 3

タイトル別名

近世説美少年録

タイトル読み

キンセセツ ビショウネンロク

大学図書館所蔵 件 / 414

注記

月報あり

1: 第1回-第20回. 2: 第21回-第40回. 3: 第41回-第60回

近世説美少年録年表: 1: p510-513. 2: p608-611. 3: p668-669

参考文献解題: 1: p518-523

馬琴略年譜/主要著作解題: 2: p615-622

収録内容

  • 新局玉石童子訓

内容説明・目次

巻冊次

1 ISBN 9784096580837

内容説明

大内家の家臣陶興房と京都の歌妓お夏との間に生れた珠之介。母子の波瀾万丈の生きざまの中で少年には、希代の美貌の裏に邪心奸知も芽吹いていた…。逆臣陶晴賢を予兆させる物語を、馬琴は緻密な構成と精緻な文体で展開。

目次

  • 諫を拒て管領古廟に陣す 屯を驚して水火驕将を懲す
  • 窮厄を脱れて弘元漁家に宿る 理乱を弁じて它六俊士を資く
  • 賊巣を突て弘元連盈を捕ふ 蛇穴を焼て義興禍胎を遺す
  • 御廟野に興房阿夏に遭ふ 鴨河原に両情春夢を結ぶ
  • 密使茶店に貴翰を伝ふ 美婦子を携て情人を送る
  • 二賊剪径して父女を屠る 一妻羞を忍て両讐に従ふ
  • 神僧歌を咏じて解脱を示す 阿夏計を定めて旧怨を雪む
  • 駿馬流に臨て母子を全うす 美玉介と做て孤客を留む
  • 関帝廟に少年義を結ぶ 福富村に幼女別を惜む〔ほか〕
巻冊次

3 ISBN 9784096580851

内容説明

生死を賭けて守るのは忠義か、愛か、名誉か。裏切り、陰謀、復讐、偽善。“悪”の跳梁跋扈する乱世の中“善”は生き残れるのか。戦国の史実の闇を紡ぐこの壮大な構想の物語はついには毛利元就と逆臣陶晴賢の対決へ収斂していく。曲亭馬琴絶筆の読本、初の完訳・完注、全三冊の最終巻。

目次

  • 新局玉石童子訓 第三版(観音寺の城に衆少年武芸を呈す・弓馬槍棒主僕朱之介を懲す;家伝の刀子両善少年を留む・百金の証書同居の母子を裂く ほか)
  • 新局玉石童子訓 第四版(好純実を撈る暴巨楳の狂態・主僕貎を改る旅宿中の初髻;七鹿山の厄に四少年禍福を異にす・千仭の谷の中に神霊新奇を出現す ほか)
  • 新局玉石童子訓 第五版(部領河原に兄弟与主僕戦ふ・白猪の居宅に樅二郎夜客を饌す;大江峯張逐ふて松煙斎に説く・文武和合して故人故人を知る ほか)
  • 新局玉石童子訓 第六版(押絵勇を奮て十六郎を生拘る・兄妹奇功を奏して進で虎穴に臨む;虐政迫て勇男女囚牢を鬧す・阿甦寺に諸俊傑旧主に謁す ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA41775050
  • ISBN
    • 409658083X
    • 4096580848
    • 4096580856
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    3冊
  • 大きさ
    23cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ