慶喜を動かした男 : 小説知の巨人・横井小楠 : 長編歴史小説

書誌事項

慶喜を動かした男 : 小説知の巨人・横井小楠 : 長編歴史小説

童門冬二著

(ノン・ポシェット)

祥伝社, 1998.2

タイトル読み

ヨシノブ オ ウゴカシタ オトコ : ショウセツ チ ノ キョジン ヨコイ ショウナン : チョウヘン レキシ ショウセツ

大学図書館所蔵 件 / 5

注記

「小説横井小楠」の改題

巻末: 小楠年譜

内容説明・目次

内容説明

「「先生の意見を承りたい」苦渋の慶喜は小楠に尋ねた」開国か、攘夷か—幕末の動乱期、日本の命運を一人の男が握ろうとしていた。政事総裁職松平春岳の懐刀、横井小楠である。諸国を奔走して“有徳”の政治と外交を説く小楠は、坂本龍馬ら憂国の士の信奉を得ていく…。小楠が描いた日本の未来像とは?勝海舟も虞れた知られざる英傑の生涯を、独自の視点で描く。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA41806675
  • ISBN
    • 4396326211
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    343p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ