高田屋嘉兵衛 : 物語と史蹟をたずねて

書誌事項

高田屋嘉兵衛 : 物語と史蹟をたずねて

童門冬二著

(成美文庫)

成美堂出版, 1995.10

タイトル読み

タカダヤ カヘエ : モノガタリ ト シセキ オ タズネテ

大学図書館所蔵 件 / 6

注記

高田屋嘉兵衛の肖像あり 1988年刊の増訂

内容説明・目次

内容説明

「山高印の旗が海を行く」とうたわれ、北地の交易に大きな名を残す「海の豪商」高田屋嘉兵衛は、単なる「海の商人」としての範囲をはるかに越え北辺問題かまびすしい文化年間、ロシアを相手に見事な民間外交を成し遂げる。淡路島の辺隅に育った少年時代、既に海への憧れとともに「遠くにいる人々に、必要とするものを届けたい」という思いを秘めていた。

目次

  • 遠い海からの呼び声
  • 村の雑貨屋に奉公
  • おふさ
  • 島を出る
  • 鴻池新六の教訓
  • 生まれながらの船乗り
  • 海の行商人をめざす
  • あとを追ってきたおふさ
  • 北前船の船乗りをめざす
  • 酒田で“日本一の海商”に会う〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA42086833
  • ISBN
    • 4415064280
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    282p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ