書誌事項

理論電磁気学

砂川重信 [著]

紀伊國屋書店, 1999.9

第3版

タイトル読み

リロン デンジキガク

大学図書館所蔵 件 / 260

注記

第1版: 紀伊國屋書店 1965.4刊

索引: 巻末

付録: p[437]-457

内容説明・目次

内容説明

マクスウェルによって完成された電磁気学は、自然現象の理論的記述としてもっとも完全な体系のひとつである。本書は、この古典電磁気学の理論を物理学系・工学系の学生に、組織的・体系的に理解してもらうことを目的に書かれたものである。

目次

  • 第1章 真空電磁場の基本法則
  • 第2章 Maxwellの方程式の一般的性質
  • 第3章 静止物体中のMaxwellの方程式
  • 第4章 静電場
  • 第5章 定常電流
  • 第6章 静磁場
  • 第7章 準定常電流
  • 第8章 電磁波
  • 第9章 電磁波の放射
  • 第10章 運動物体の電磁気学—特殊相対論へのあゆみ
  • 第11章 特殊相対論
  • 第12章 電磁場と変分原理

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA43015728
  • ISBN
    • 9784314008549
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 463p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ