増やし守る金融資産の税金対策

書誌事項

増やし守る金融資産の税金対策

宮城一浩著

東洋経済新報社, 1999.7

タイトル読み

フヤシ マモル キンユウ シサン ノ ゼイキン タイサク

大学図書館所蔵 件 / 1

内容説明・目次

内容説明

株式、債券、投資信託などの金融資産を種類別に分け、その金融取引を効率良く行う、いわば「増やす」ための税金テクニックについて解説。さらに、保険、信託、財団などを活用した金融資産の保全対策について、つまり「残す」ための相続税対策を中心に解説する。

目次

  • 第1章 個人金融資産は税金でなくなる
  • 第2章 会社型投資信託の解禁で運用が多彩に
  • 第3章 株式譲渡に対する税金が重くなる
  • 第4章 国債・社債などの20%源泉分離の有利・不利
  • 第5章 税金のない国で資産運用する
  • 第6章 金融機関が破綻しても税金は戻らない
  • 第7章 財産を残すための生命保険活用法
  • 第8章 信託を利用して財産管理を容易にする
  • 第9章 相続税のかからない国に財産をもつ
  • 第10章 リヒテンシュタインの家族財団で財産を守る

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA43317760
  • ISBN
    • 4492731385
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    217p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ