消える氷河 : 地球温暖化・アラスカからの告発

書誌事項

消える氷河 : 地球温暖化・アラスカからの告発

桐生広人著

毎日新聞社, 1999.9

タイトル読み

キエル ヒョウガ : チキュウ オンダンカ ・ アラスカ カラ ノ コクハツ

大学図書館所蔵 件 / 72

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

アラスカに異変が起きている!氷河が溶解し、海水面は上昇し続けている。そして、生態系は変容しイヌイットの生活は破壊された。地球の未来に警告する、こん身の現地レポート。

目次

  • 第1章 アラスカ先住民の生活
  • 第2章 極地と温暖化
  • 第3章 豊かな生物圏北極
  • 第4章 氷が薄くなった海
  • 第5章 狩猟期間の極端な短縮
  • 第6章 乾燥するツンドラ
  • 第7章 嵐と高波
  • 第8章 先住民文化と地球温暖化
  • 第9章 オープン・ボート
  • 第10章 後退するアラスカの山岳氷河
  • 第11章 エクソン・バルディーズ号
  • 第12章 北上する虫、食い荒らされる森林

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA43446617
  • ISBN
    • 4620313769
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    189p, 図版4p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ