行く雲のごとく : 高畑棟材伝

書誌事項

行く雲のごとく : 高畑棟材伝

浅野孝一著

山と渓谷社, 1999.7

タイトル別名

行く雲のごとく : 高畑棟材伝

タイトル読み

イク クモ ノ ゴトク : タカハタ ムネタカ デン

大学図書館所蔵 件 / 7

注記

高畑棟材年譜:p226〜236

参考文献:p237-238

内容説明・目次

内容説明

大正年間から昭和初期にかけて、東京近郊の低山を歩いて健筆をふるった高畑棟材。霧藻会や霧の旅会を足場に活動し、滋味あふれる文章で低山趣味を鼓吹した彼は、後年ぷっつり消息が途絶えてしまう。だが、じつは病とたたかいながら戦後を生き続け、貧窮のうちに生涯を終えたのだった。ある登山家の数奇な一生。

目次

  • 序章 出会い
  • 第1章 その生涯
  • 第2章 霧藻会
  • 第3章 墓畔の草
  • 第4章 奥高尾山岳会
  • 第5章 霧の旅会
  • 第6章 山を行く
  • 第7章 東京附近の山々・奥秩父と其附近
  • 第8章 行雲とともに
  • 第9章 山麓通信
  • 第10章 山の子供達
  • 終章 多芸の人

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA43539128
  • ISBN
    • 4635340112
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ