三重幕末維新戦記 : 藤堂藩・桑名藩の戊辰戦争

書誌事項

三重幕末維新戦記 : 藤堂藩・桑名藩の戊辰戦争

横山高治著

創元社, 1999.11

タイトル読み

ミエ バクマツ イシン センキ : トウドウハン クワナハン ノ ボシン センソウ

大学図書館所蔵 件 / 18

注記

藤堂藩桑名藩幕末維新関係略年表: p206〜207

参考文献: p210

内容説明・目次

内容説明

殉節維新秘話。幕末維新の激動期のなかで、人に、職務に、藩また国に殉じ、信念、道義、思想、政治に殉じた人びとの生き様と回天の歴史ドラマ。

目次

  • 幕末から明治維新へ
  • 幕末の藤堂藩
  • 藤堂藩の軍備強化
  • 桑名藩の選択
  • 名家高須家と桑名藩
  • 予兆、大塩平八郎の乱
  • 大塩と文藩・藤堂藩の交流
  • 幕府特恩家のなかの勤王論
  • 海防と京都警衛拝命
  • 第十四代将軍家茂の上洛〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA44445755
  • ISBN
    • 4422204637
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    210p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ