たちまわるサル : チベットモンキーの社会的知能

書誌事項

たちまわるサル : チベットモンキーの社会的知能

小川秀司著

(生態学ライブラリ, 7)

京都大学学術出版会, 1999.12

タイトル読み

タチマワル サル : チベット モンキー ノ シャカイテキ チノウ

大学図書館所蔵 件 / 192

注記

読書案内: p263-264

引用文献 : p265-272

内容説明・目次

内容説明

チベットモンキーはニホンザルに近縁な中国のサルだ。彼らは群れの仲間達と仲良くなろうと、子ザルを抱いていって一緒に持ち上げる。オス同士はペニスに触れつつ抱きあう。ケンカでは血縁のないメス同士も連合を組む。そして夜にはみんなで岩棚で泊まる。そんな暮らしの中で、彼らがどのような「社会的知能」を使っているのかを探る。

目次

  • 第1章 黄山で暮らすチベットモンキー
  • 第2章 サルはうまくたちまわる
  • 第3章 サルの観察
  • 第4章 ブリッジング行動—コドモは群れのかすがい
  • 第5章 サルの調査
  • 第6章 オスの人生メスの人生
  • 第7章 メスたちの連合形成—ときには母と娘も敵になる
  • 第8章 子殺し
  • 第9章 泊まり場のさるだんご
  • 第10章 霊長類は他者の心と行動をどのように推測するか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA44528160
  • ISBN
    • 4876983070
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xi, 275p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ