臓器移植 : 体験者の立場から

書誌事項

臓器移植 : 体験者の立場から

澤井繁男著

中央公論新社, 2000.1

タイトル別名

臓器移植体験者の立場から

タイトル読み

ゾウキ イショク : タイケンシャ ノ タチバ カラ

大学図書館所蔵 件 / 85

内容説明・目次

内容説明

全体は三つの章に分かれている。第1章は、透析から移植を経て再透析に還り、そして現在に至るまでを、トピック別にまとめてある。第2章は、身体障害者の身となった著者が、生きていく上で糧としたり、そこに新たな意味を見出したりしたいくつかの「言葉」を採り上げて、それらの言葉に寄せる著者なりの想い、また言葉から紡ぎ出されてくる豊かな滋養・営養を物語る。第3章は、日本の医療や医療従事者に対する管見である。

目次

  • 第1章 この二十年(食生活;治療から治癒へ;透析 ほか)
  • 第2章 言葉というからだ(言葉というからだ;「からだ」と「こころ」;“いのち” ほか)
  • 第3章 日本の医療への提言と期待(過剰な専門分科と、医学教育プラス医師教育—知の有機的円環を軸として;臓器売買と日本的拒絶反応;「脳の死」と「脳死」判定による臓器移植 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA45235565
  • ISBN
    • 4120029743
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 213p
  • 大きさ
    20cm
ページトップへ