書誌事項

倫理21

柄谷行人著

平凡社, 2000.2

タイトル読み

リンリ 21

大学図書館所蔵 件 / 255

注記

参考文献: p213-214

内容説明・目次

内容説明

子供の犯罪は親の責任なのか?具体的な問題を通して、いかに生きるべきかを徹底的に問う。戦争責任とは?環境への責任とは?そして、未来に対するわれわれの責任とは?21世紀の新しい世界を構想する思想が、ここにある。

目次

  • 第1章 親の責任を問う日本の特殊性
  • 第2章 人間の攻撃性を認識すること
  • 第3章 自由はけっして「自然」からは出てこない
  • 第4章 自然的・社会的因果性を括弧に入れる
  • 第5章 世界市民的に考えることこそが「パブリック」である
  • 第6章 宗教は倫理的である限りにおいて肯定される
  • 第7章 幸福主義(功利主義)には「自由」がない
  • 第8章 責任の四つの区別と根本的形而上性
  • 第9章 戦争における天皇の刑事的責任
  • 第10章 非転向共産党員の「政治的責任」
  • 第11章 死せる他者とわれわれの関係
  • 第12章 生れざる他者への倫理的義務

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA45728256
  • ISBN
    • 4582702244
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    214p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ