究極の宗教とは何か : 工学博士の宗教論

書誌事項

究極の宗教とは何か : 工学博士の宗教論

佐藤進著

社会評論社, 2000.2

タイトル別名

究極の宗教とは何か : 工学博士の宗教論

タイトル読み

キュウキョク ノ シュウキョウ トワ ナニカ : コウガク ハクシ ノ シュウキョウロン

大学図書館所蔵 件 / 19

注記

参考文献: p242

内容説明・目次

内容説明

宗教とは意識を獲得した人間が、死を意識した途端にもたざるをえない苦しい軛として荷なうべきものであり、ひとつの禍である。人間は死によって相対・有限といった乗り越えがたい制約を知った以上、宗教は私たちの前にそそりたち、決して回避しえないものである。

目次

  • 第1章 超越と高等宗教
  • 第2章 人間とは何か
  • 第3章 キリスト教とは何か
  • 第4章 仏教とは何か
  • 第5章 究極の宗教

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA45845635
  • ISBN
    • 4784514058
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    247p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ