書誌事項

証券化の基礎と応用

L.T.ケンドール, M.J.フィッシュマン編 ; 日本興業銀行産業調査部, 前田和彦, 小池圭吾訳

東洋経済新報社, 2000.2

タイトル別名

A primer on securitization

タイトル読み

ショウケンカ ノ キソ ト オウヨウ

大学図書館所蔵 件 / 75

注記

A primer on securitization (The MIT press, Third printing, 1998)の翻訳

文献:p219-220

内容説明・目次

内容説明

証券化問題を多面的に分析!アメリカで証券化を推進してきた主要プレーヤーたちが、それぞれの分野での経験に基づき、意義・仕組み・今後の課題を示す。

目次

  • 証券化—米国ファイナンスの新時代
  • 住宅金融における証券化の役割—政府関係機関の果たした特別な貢献
  • 証券化の起源、成長の原動力、将来のポテンシャル
  • 商業不動産担保貸付の証券化
  • 公開企業の資金調達における証券化の活用方法—クライスラー・フィナンシャル・コーポレーションの場合
  • RTCが証券化のプロセスに果たした貢献
  • 証券化のプロセスにおける格付け会社の役割
  • プライベート・モーゲージ・バンカーと証券化コンディットの機能
  • 証券化に対する投資家の視点—商品・価格と投資家ニーズ
  • 証券化市場における年金基金等の役割〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4589535X
  • ISBN
    • 4492681019
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix,220p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ