テラニアの盗賊

著者

    • Vlcek,Ernst.
    • Voltz,William.
    • 五十嵐,洋(1957〜) イガラシ,ヒロシ

書誌事項

テラニアの盗賊

エルンスト・ヴルチェク,ウィリアム・フォルツ著 ; 五十嵐洋訳

(ハヤカワ文庫, 1291 宇宙英雄ローダン・シリーズ 255)

早川書房, 1999.11

タイトル読み

テラニア ノ トウゾク

大学図書館所蔵 件 / 3

内容説明・目次

内容説明

痴呆化し、盗賊と化した人類が掠奪と破壊をつくし、荒廃したテラニア。アーロンは免疫者だったがゆえに、痴呆者からなる盗賊団の頭目となった。だがかれは心に直接呼びかける声に操られており、その声の命ずるまま破壊をくりひろげ、人類最後の砦である地下ブンカーの都市群へと忍び寄る。一方、デイトンに呼び寄せられた銀河通訳、セルカノ・ステーマーは盗賊団の黒幕の発見と排除という捨て身の任務を命じられるが。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4603465X
  • ISBN
    • 4150112916
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    280p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ