ホンダ教と松下教 : なぜ世界で通用するのか

書誌事項

ホンダ教と松下教 : なぜ世界で通用するのか

塩沢茂著

(Nesco Books)

ネスコ , 文藝春秋 (発売), 1987.1

タイトル読み

ホンダキョウ ト マツシタキョウ : ナゼ セカイ デ ツウヨウ スル ノカ

大学図書館所蔵 件 / 5

注記

***遡及データをもとにした流用入力である

参考資料: p260

内容説明・目次

内容説明

国内で強い企業は海外進出にも強い!アメリカ人が惚れた「経営日本教」のサクセス・ポイントはこれだ!

目次

  • 第1章 経済摩擦(真藤恒の経営「三方一両得」論;日米企業体質の差はどこにあるか)
  • 第2章 松下教(現地従業員の教育は“松下理解”;日米異文化の結合をめざして)
  • 第3章 ホンダ教(ワトソン記念体育館の“効果”;従業員駐車場にホンダ車がない!?)
  • 第4章 企業姿勢(工場拡張にみせたホンダの“神業”;アメリカ人とつきあう松下の信念)
  • 第5章 企業宗教(松下教祖・幸之助の共存共栄思想;ホンダ教祖・宗一郎の“非まじめ”な絆)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46229626
  • ISBN
    • 4890360387
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    260p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ