書誌事項

古代のコスモロジー : 日本文学の枠組み

犬飼公之[ほか]著

おうふう, 2000.3

タイトル読み

コダイ ノ コスモロジー : ニホン ブンガク ノ ワクグミ

大学図書館所蔵 件 / 58

注記

その他の著者: 緒方惟章, 立花直徳, 山田直巳

内容説明・目次

内容説明

古代人を取り巻くコスモロジーはさまざまなファクターによって形成される。具体的にいうなら、習俗・呪術・信仰・宗教・霊魂観などをあげることができよう。本書では古代のコスモロジーの総体を四つの視座から枠組み,それぞれを古代日本文学の中に探っている。

目次

  • 第1章 存在論—古代日本人の存在感(「あり」と「ゐる」;影・面影 ほか)
  • 第2章 規範論—モラル・恥=ヒトを律するもの(モラル—規範は如何にして顕ち現れるか;恥・禁忌システム/罪・罰システム)
  • 第3章 認識論—歌の言語=黒人と認識論(古代人の知覚と認識;視覚における集団から個への様相 ほか)
  • 第4章 異郷論—古代の時空(常世物語の形成;妣の国、根の国、常世の国 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4631752X
  • ISBN
    • 4273031221
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    249p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ