身分論から歴史学を考える

書誌事項

身分論から歴史学を考える

塚田孝著

校倉書房, 2000.4

タイトル読み

ミブンロン カラ レキシガク オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 102

内容説明・目次

内容説明

本書の第1部には、近世の身分制社会史や都市社会史に関わる小文を集めた。第2部は、歴史学のあり方や方法をめぐる論稿を、第3部は、それを研究史のなかで考えた論稿を集めている。

目次

  • 1 近世の身分と身分集団(近世の弾左衛門支配—職場の論理;「長吏掟」に見る弾左衛門支配;訴訟と公事宿—江戸浅草・新町宿の事例から ほか)
  • 2 歴史学の方法(歴史学の方法をめぐる断想—アメリカでの経験にふれて;諸社会集団の重層と複合—近世社会の捉え方)
  • 3 歴史学の方向(歴史学の方向を考える—近世史の立場から;安良城盛昭氏の幕藩体制論との対話;近世賎民制論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46447321
  • ISBN
    • 4751730509
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    324p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ