書誌事項

漱石先生大いに笑う

半藤一利著

(ちくま文庫)

筑摩書房, 2000.5

タイトル読み

ソウセキ センセイ オオイニ ワラウ

大学図書館所蔵 件 / 26

注記

参考文献: p259

内容説明・目次

内容説明

漱石先生の名作・名品は小説ばかりではない。その生涯に発句二四五〇句余を残している。この中から風刺・諧謔あふれた句を選び、漱石探偵の著者が、にが虫漱石のもう一つの魅力を探り出す。曰く「落語好き」「相撲好き」「占い好き」…展開される名推理に漱石先生も呵呵大笑。

目次

  • 「春雨に」の巻(落語的世界;欠伸うつして ほか)
  • 「夏雲と」の巻(銭湯の熱さ;厠半ばで ほか)
  • 「秋風や」の巻(別れは方言で;銀杏の葉 ほか)
  • 「冬の夜は」の巻(天からの便り;海を渡る達磨 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46707670
  • ISBN
    • 4480035613
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    274p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ