書誌事項

精神の管理社会をどう超えるか? : 制度論的精神療法の現場から

フェリックス・ガタリ, ジャン・ウリ, フランソワ・トスケル著 ; 杉村昌昭, 三脇康生, 村澤真保呂編訳・解説

松籟社, 2000.4

タイトル別名

Pratique de l'institutionnel et politique

タイトル読み

セイシン ノ カンリ シャカイ オ ドウ コエルカ : セイドロンテキ セイシン リョウホウ ノ ゲンバ カラ

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

その他の著者: 高江洲義英, 菅原道哉, ダニエル・ルロ

写真: 市川信也

内容説明・目次

内容説明

人は制度なしには生きられない。わたしたちは制度(病院、学校、会社…)とどうつきあっていくか?制度のリミットをどう乗り越えていくか?スペインからフランスへ…そして沖縄へ。

目次

  • 「制度論」革命に向けて
  • ラボルドで考えてきたこと
  • 制度の概念に戻ろう
  • 写真・ラボルド病院私景
  • 精神医療の再政治化のために
  • 沖縄/精神医療と文化
  • ローテーションの精神
  • 精神医学の特殊性と非‐特殊性

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ