浮き沈み或る武士の生涯 : 桑名藩家老の手記

書誌事項

浮き沈み或る武士の生涯 : 桑名藩家老の手記

小川八千代著

文芸社, 1999.12

タイトル読み

ウキシズミ アル ブシ ノ ショウガイ

大学図書館所蔵 件 / 2

内容説明・目次

内容説明

江戸時代中期。武士は武士らしく、百姓は百姓らしく、あるべき姿で生きていたのだろうか。伊勢桑名の城主だった、松平家に仕えた重臣・加藤包教が残した手記を元に、江戸時代を生きた人々の生活を考察する。

目次

  • 桑名領天明二年百姓騒動
  • 財政立て直し
  • 藩主養子
  • 田中屋一件
  • 加藤家由緒
  • 名誉回復と山田半右衛門のこと
  • 藩主の願望
  • 山田半右衛門処分
  • お代替わり
  • 忍へ所替え
  • 文政六年助成講騒動
  • 失脚
  • 忍へ移る
  • 隠居
  • 続くお咎め
  • 嵐の後で

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA47276031
  • ISBN
    • 4887378157
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    268p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ