オウム帝国の正体

著者

    • 一橋, 文哉 イチハシ, フミヤ

書誌事項

オウム帝国の正体

一橋文哉著

新潮社, 2000.7

タイトル読み

オウム テイコク ノ ショウタイ

大学図書館所蔵 件 / 42

注記

「新潮45」連載を加筆修正

オウム真理教事件関連年表: 巻末

内容説明・目次

内容説明

警察は、なぜ真相究明を諦めねばならなかったのか?政財界を初めとする日本の暗部から、ロシア・北朝鮮にまで及ぶ闇の連鎖が、金と権力に群がる巨大な陰謀を指し示す。国松長官狙撃、村井刺殺、坂本弁護士事件など、未解決・未解明の謎を追いながら、背後に蠢く魑魅魍魎を炙り出す!真相は、いまだ藪の中にある。真の黒幕は、今も闇の奥で嘲笑っている。『闇に消えた怪人』『三億円事件』に続く、一橋ノンフィクション第三弾。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4794724X
  • ISBN
    • 4104128031
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    305p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ