自分の頭で考える倫理 : カント・ヘーゲル・ニーチェ

書誌事項

自分の頭で考える倫理 : カント・ヘーゲル・ニーチェ

笹澤豊著

(ちくま新書, 257)

筑摩書房, 2000.8

タイトル読み

ジブン ノ アタマ デ カンガエル リンリ : カント ヘーゲル ニーチェ

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

参考文献: p236-238

内容説明・目次

内容説明

迷惑をかけなければ援助交際はしていい?—YESかNOか、あなたの答えはどっち。自分がよければ何やっても勝手じゃないかと考えるのか、いや、そんな自由は許されないと考えるのか。さらに、自由が一つだけでないとしたら、ホントの自由とは何か?カント、ヘーゲル、ニーチェの思考のエッセンスを手がかりに、不倫や援助交際から民主主義信仰や正義論・国家論まで、困難な時代の生き方を考えるための新しい倫理学入門。

目次

  • 第1章 固そうなカントを噛み割って、考える(真の自由とは何だろう;一切を理性の支配下におきたい?;二つの自由と権利の根拠;利己主義の倫理とカント主義 ほか)
  • 第2章 しつこそうなヘーゲルをよく噛んで、考える(愛と所有の運命;家族とは何だろう;相互承認—法・権利の成り立ち;自由主義か、共同体主義か ほか)
  • 第3章 辛そうなニーチェを噛みしめて、考える(口あたりのよい「真理」ではなく;民主主義とは何だろう;民主主義の素性と秘密;世界の見方 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ