陪審制の復興 : 市民による刑事裁判

著者

    • 陪審制度を復活する会 バイシン セイド オ フッカツ スル カイ

書誌事項

陪審制の復興 : 市民による刑事裁判

陪審制度を復活する会編著

信山社出版, 2000.7

タイトル読み

バイシンセイ ノ フッコウ : シミン ニ ヨル ケイジ サイバン

大学図書館所蔵 件 / 88

内容説明・目次

内容説明

編著者は、21世紀を間近に控え、現在の日本の現状を憂え、今後の日本の歩むべき進路について、政治・社会そして経済のあり方を考えている人々に本書を問うている。本書は市民による刑事裁判である陪審制の復興を主張している。即ち明治以来、また戦後の長きにわたって継続して来た日本の政治・社会の発展途上国的な官僚主導型の体制を変革するきめ手として、1923(大正12)年4月28日、法律第50号に制定され、1928(昭和3)年から施行され、1943(昭和18)年4月1日に“戦争終了後に再開する”という約束で停止されたままになっている陪審法を早急に改良・復活することである。

目次

  • 第1部 陪審制度とは何か
  • 第2部 シンポジウム「国民の司法参加—陪審制か、参審制か」
  • 第3部 陪審あれこれ
  • 第4部 陪審法の制定と停止の経過
  • 第5部 世界の陪審裁判
  • 第6部 「陪審制度を復活する会」陪審法改正案とそのコメント
  • 第7部 資料

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA48152205
  • ISBN
    • 4797221682
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 316p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ