書誌事項

民法総則講義

山川一陽著

中央経済社, 2000.8

第3版

タイトル読み

ミンポウ ソウソク コウギ

大学図書館所蔵 件 / 51

内容説明・目次

内容説明

平成十一年末に行為能力に関する民法改正が行われた。この改正は、従来の行為無能力者制度について全面的に改組したものであり(いわゆる、成年後見制度についての改正)、単に民法総則の一部改正にとどまらず、民法全体に関係し、同時に他の法領域への影響も大きなものがある。本書は、この改正を前提に従来の第二版への改訂を加えるものであるが、当面のところ、基本的な改訂にとどめた。この制度に関する今後の運用をみて補っていきたい。

目次

  • 第1章 民法とはどのような法律なのか
  • 第2章 民法の基本原理とは何か
  • 第3章 民法上の権利の主体となる者
  • 第4章 民法上の権利の客体
  • 第5章 法律行為
  • 第6章 無効・取消
  • 第7章 条件
  • 第8章 期限
  • 第9章 期間
  • 第10章 時効制度

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA48273593
  • ISBN
    • 4502783056
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4, 26, 322p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ