書誌事項

重力からみる地球

藤本博巳, 友田好文著

東京大学出版会, 2000.10

タイトル別名

Gravity and the earth

タイトル読み

ジュウリョク カラ ミル チキュウ

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

欧文標題は標題紙裏による

内容説明・目次

内容説明

最近、重力について書かれた本に出会うことが少なくなった。厳密さを追求した難しそうな本か、石油などを探す物理探査の技術的な本が目にとまる程度である。これらの本は専門家には重要である。しかし多くの読者にとって重要なのは、重力は物理学あるいは自然科学の出発点であり、地球物理学の基礎である、ということである。本書の狙いの一つは、読者にそのことを思い起こしていただくことである。

目次

  • 序章 重力と人間
  • 第1章 重力は万象の基礎
  • 第2章 重力と地球
  • 第3章 重力をどう測るか—4桁の測定から12桁の測定へ
  • 第4章 重力異常から地球の構造をみる
  • 第5章 重力異常から地球のダイナミクスをさぐる
  • 第6章 これからの観測と展望

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA48889615
  • ISBN
    • 4130637002
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 172p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ