書誌事項

記紀の考古学

森浩一著

朝日新聞社, 2000.12

タイトル読み

キキ ノ コウコガク

大学図書館所蔵 件 / 105

注記

「論座」の連載(1999年2月号-2000年8月号)をまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

記紀(古事記・日本書紀)が物語る歴史を考古学の資料と方法で検証、森古代学の集大成。

目次

  • イワレ彦とその妻たち
  • タケハニヤス彦とミマキイリ彦の戦い
  • 箸墓古墳と纒向遺跡
  • 大和古墳群と大王陵
  • 倭大国魂神と中山大塚古墳
  • イクメイリ彦の諸問題
  • アメノヒボコ
  • ヤマトタケルと白鳥
  • オオタラシ彦の大旅行
  • タラシナカツ彦の死をめぐって
  • 神功皇后をめぐって
  • 応神天皇と日向の髪長媛
  • 仁徳天皇と皇后磐之媛
  • 仁徳天皇と都市づくり
  • 仁徳天皇の子供たち
  • 倭王興から倭王武のころ
  • 伊勢と出雲での二つの発掘
  • 越と継体・欽明王朝

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ