ドーハ以後 : 世界のサッカー革新のなかで

書誌事項

ドーハ以後 : 世界のサッカー革新のなかで

杉山茂樹著

(文春文庫, [す-13-1])

文藝春秋, 2000.10

タイトル読み

ドーハ イゴ : セカイ ノ サッカー カクシン ノ ナカ デ

大学図書館所蔵 件 / 10

内容説明・目次

内容説明

「ドーハの悲劇」を乗り越えて、フランスW杯出場権を獲得したサッカー日本代表の強さはホンモノか?1990年代、世界の有名選手が結集して、興奮と狂騒を巻き起こした欧州サッカーの魅力とは?チームの戦術分析からサッカー・タウン行脚のコツまで、年間200日以上の海外取材に裏打ちされた明快&広角レポート。

目次

  • 第1部 日本代表、ダッチロールの5年間(「ドーハの悲劇」と新たなる門出;日本式プレッシング・サッカーの迷走;日本代表は強くなっていない?;攻撃未だ完成せず ほか)
  • 第2部 欧州に見るモダン・サッカー(何が起こるかわからない欧州サッカー;モダン・サッカーの源流アヤックス;アヤックス・スタイルの快進撃;「ローマ・オリンピコ」での両雄対決の行方 ほか)
  • 第3部 世界に飛び出せサッカーファン(本場でサッカーを観る愉悦;欧州蹴球見聞録;新大陸右往左往 W杯USA大会観戦記;リオの名門・フラメンゴ狂騒曲 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA49520552
  • ISBN
    • 4167650010
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    382p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ