書誌事項

さつき断景

重松清著

祥伝社, 2000.11

タイトル別名

さつき断景 : 長編小説

タイトル読み

サツキ ダンケイ

大学図書館所蔵 件 / 19

内容説明・目次

内容説明

1995年、1月阪神・淡路大震災、3月地下鉄サリン事件、そして5月1日—。神戸でのボランティア活動から帰京したタカユキ(15歳)は惰性としか思えない高校生活に疑問を感じていた。電車一本の差でサリン禍を免れたヤマグチさん(35歳)は、その後遺症ともいうべき自己喪失感に悩んでいた。長女が嫁ぐ日を迎えたアサダ氏(57歳)は、家族団楽最後の日をしみじみと実感していた…。そして96、97…2000年。三人は何を体験し、何を想い、いかに生きたのか。20世紀末6年間の「5月1日」からそれぞれの人生を照射した斬新なる試み。注目の山本周五郎賞作家が挑んだ日録小説の傑作。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA49708476
  • ISBN
    • 4396631782
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ