書誌事項

蘭への招待

塚谷裕一著

(集英社新書, 0074G)

集英社, 2001.1

タイトル別名

蘭への招待 : その不思議なかたちと生態

タイトル読み

ラン エノ ショウタイ

大学図書館所蔵 件 / 59

内容説明・目次

内容説明

東洋蘭、洋蘭、野生蘭…ランは人気の植物だが、意外にその正体は知られていない。それもそのはず、今も新種が発見される蘭には、現在二万を超える膨大な種が数えられる。妖艶で素朴、高貴で身近、巨大にして極小、上下逆さまに咲くかと思えば、自らの生活のためにキノコや蜂を手なずける。その蘭に対して、人は花を愛でるだけでなく、香料に、果ては媚薬にまで利用してきた。その一方で、野生蘭は世界中で絶滅の危機にされされている。蘭、その知られざる世界を紹介する。

目次

  • 蘭学事始め
  • 蘭の生物学(蘭の形態学;蘭の生活史)
  • 蘭の地理学・生態学—アジア野生の蘭
  • 蘭のエスノボタニー・蘭の経済学
  • 蘭の未来学

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA50128010
  • ISBN
    • 4087200744
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    219p, 図版2枚
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ