傷だらけの映画史 : ウーファからハリウッドまで

書誌事項

傷だらけの映画史 : ウーファからハリウッドまで

蓮實重彦, 山田宏一著

(中公文庫, [は-27-2])

中央公論新社, 2001.3

タイトル読み

キズダラケ ノ エイガシ : ウーファ カラ ハリウッド マデ

大学図書館所蔵 件 / 49

注記

フィルモグラフィ: p[265]-288

内容説明・目次

内容説明

ラング、ヒッチコック、フォード、ルビッチなど7人の監督と、名プロデューサー、ウォルター・ウェンジャー。彼らを軸に、ハリウッド30〜40年代の映画と映画人をめぐる刺激的なエピソードを語りつつ、従来の映画史を斬新に読みかえる。座談の名手二人が丁々発止やりとりする、興奮に満ちた映画対談集。

目次

  • 1 傷だらけのハリウッド—ウォルター・ウェンジャーの映画史
  • 2 傷だらけの亡命—フリッツ・ラングと『暗黒街の弾痕』
  • 3 傷だらけの映画術—アルフレッド・ヒッチコックと『海外特派員』
  • 4 傷だらけの捜索者—ジョン・フォードと『果てなき船路』
  • 5 傷だらけの巨匠—ヘンリー・ハサウェイと『砂丘の敵』
  • 6 傷だらけの爆笑—エルンスト・ルビッチと『生きるべきか死ぬべきか』
  • 7 傷だらけの諷刺—ルネ・クレールと『奥様は魔女』
  • 8 傷だらけのメロドラマ—デトレフ・ジールクとダグラス・サークあるいはウーファからハリウッドへ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA51370215
  • ISBN
    • 4122038030
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    314p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ