書誌事項

英語の様相

四方田敏著

文化書房博文社, 2001.4

タイトル読み

エイゴ ノ ヨウソウ

大学図書館所蔵 件 / 64

注記

参考書目: p272-275

内容説明・目次

内容説明

マーク・トウェインのThe Adventures of Huckleberry Finnの作品研究では、主としてHuckと黒人Jimを中心とする方言を記述。サリンジャーのThe Catcher in the Ryeについては、もっぱらくだけた口語、俗語に注意を向けて記述。「事象」の捉え方では、英語は言語表現に当っては情報伝達を主とした構造をとるのであるが、日本語は曖昧で、極めて主観的な文が書かれることがあるということを記述。文法研究では、目的語の有無による意味的差異を中心に論考。語法の研究では、中でも特に「v+o+…ingの構造」の論述の中でPalmerの所見を加筆して、内容のより一層の充実を試みた。

目次

  • 1 作品研究(ハックルベリー・フィンの冒険;The Catcher in the Ryeについて ほか)
  • 2 日英語比較(「事象」の捉え方;使役態について)
  • 3 文法研究(目的語の省略と目的語の明示;時制における心理 ほか)
  • 4 語法研究(“確言”の副詞について;法助動詞Mustについて ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA51890408
  • ISBN
    • 483010936X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    282p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ