書誌事項

道元の考えたこと

田上太秀 [著]

(講談社学術文庫, [1487])

講談社, 2001.6

タイトル別名

道元のいいたかったこと

タイトル読み

ドウゲン ノ カンガエタ コト

大学図書館所蔵 件 / 165

注記

道元略年譜: p280-282

「道元のいいたかったこと」<BN10596682>を改題、改編および補訂追加

内容説明・目次

内容説明

曹洞宗の祖道元。その代表的著作『正法眼蔵』とは「仏祖正伝の仏法の精髄」の意である。事実、道元は生涯をかけて正法を求め続けた。では彼にとって正法の「正」とは何であったか?旧来の道元観にとらわれず、坐禅、礼拝、滅罪、輪廻業報、供養、女身不成仏等々の問題をめぐり、多様な角度から「道元の考えたこと」を捉え直す。

目次

  • 坐禅への信仰
  • 礼拝への信仰
  • 滅罪の信仰
  • 本願の信仰
  • 宿善の信仰
  • 出家至上の信仰
  • 輪廻業報の信仰
  • 坐禅が供養の信仰
  • 女身は不成仏の信仰
  • 行儀作法の制定
  • 恩愛を超えた信仰

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52231291
  • ISBN
    • 4061594877
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    282p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ