大いなる死 : 死と生の幸福論

書誌事項

大いなる死 : 死と生の幸福論

羽仁進著

光文社, 2001.6

タイトル読み

オオイナル シ : シ ト セイ ノ コウフクロン

大学図書館所蔵 件 / 23

内容説明・目次

内容説明

バッファローが鳴いた。それは、「自分はこれから死ぬ」ことを告げていた。私は、そのあまりの悲痛な叫びに、耳をふさがれる思いがした。死を悲しむ気持ちの深さ、重さには、人間も動物も、なんの違いもないのだ。しかし、私はだんだんに、「死は生の一部だ」と考えるようになっていった。個の終わりは、本当に、生の終わりなのだろうか。生は、死よりも、はるかに大きなものではないのか。だとすれば、人は死を悲しむ必要があろうか…。生物の歴史・文化論・動物の世界・博物学を渉猟した、渾身の書下ろし哲学。

目次

  • 第1の疑問 若く死ぬのは、不幸なことなのか
  • 第2の疑問 「生命はかならず死ぬ」は、本当か
  • 第3の疑問 動物にも、死の悲しみはあるのか
  • 第4の疑問 死んだら、そのあとどうなるか
  • 第5の疑問 死は苦しいのか、楽なものか
  • 第6の疑問 なぜゾウは、墓をつくらないのか
  • 第7の疑問 なぜ人間は、「魂」を信じたのか
  • 第8の疑問 クローン技術は、死を解決できるか
  • 第9の疑問 幸福な生は、美しい死を呼ぶのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52842375
  • ISBN
    • 4334973051
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ