経済危機・その根源 : 現代金融帝国主義

書誌事項

経済危機・その根源 : 現代金融帝国主義

鎌倉孝夫著

新読書社, 2001.7

タイトル読み

ケイザイ キキ ソノ コンゲン : ゲンダイ キンユウ テイコク シュギ

大学図書館所蔵 件 / 71

内容説明・目次

内容説明

本書は、一九八〇年代後半から新世紀初年度にかけての日本経済、それとの関わりでのアメリカ経済の分析を試みたものである。七一年八月のドル・金交換停止によって基軸通貨・ドルは実質的に形骸化しながら、しかし資本主義各国間の協調(アメリカの軍事力を背景とした各国への制裁、威嚇が加わった中で)によって今日までドル体制が維持されてきた。しかし、九〇年代後半以降の全世界的規模での通貨・金融投機、それによる各国実体経済の撹乱こそ、ドル体制維持策の結末といえる。結論的にいえば、今日の経済危機をもたらしている根源は、現代的金融資本の全世界的展開による金融帝国主義にある。こうした現実経済の実態分析をふまえながら、経済危機克服への基礎的理解、基本的方向性をも明かにしようと試みる。

目次

  • 1 分析の視点—経済の基本は何か
  • 2 現代経済の実態分析—日本とアメリカ(日本経済—金融・財政危機の根源;アメリカ—虚構の金融帝国 ほか)
  • 3 新自由主義と国家(政策批判;新自由主義批判)
  • 4 現代の歴史的位置—危機からの脱出は(自主・創造の社会をめざして;分析方法の確立のために—『帝国主義論』と現代)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ