血液6000キロの旅 : ワンダーランドとしての人体

書誌事項

血液6000キロの旅 : ワンダーランドとしての人体

坂井建雄著

(講談社選書メチエ, 220)

講談社, 2001.9

タイトル読み

ケツエキ 6000キロ ノ タビ : ワンダーランド トシテノ ジンタイ

大学図書館所蔵 件 / 162

注記

人体と解剖学について、さらに知りたい人のための参考文献: p240-243

内容説明・目次

内容説明

一日8トン、一生で24万トン。心臓という筋肉袋はこんこんと血液を送り出す。酸素、栄養、老廃物、外敵…。万能の液体=血液は、人体の物流を担っている。三大内臓の最前線で、血液はどうやって物質交換しているのか?血液循環の流れに乗って、人体器官の驚異の世界をひと巡りしよう。

目次

  • 第1章 人間の生命と血液(血液は万能の液体;全身を駆けめぐる血液 ほか)
  • 第2章 心臓と血管系—循環器(心臓というポンプ;血管をめぐるさまざま ほか)
  • 第3章 酸素をどうやって取り込むか—呼吸器(肺に空気を出し入れする;肺から全身にガスを運ぶ ほか)
  • 第4章 栄養分を確保するために—消化器(胃腸で栄養を吸収する;肝臓は何の役に立つ ほか)
  • 第5章 要らないものもよく考えてから捨てよう—泌尿器(小さな腎臓の中の大きな世界;糸球体=血液から尿をつくる繊細な濾過装置 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA53397904
  • ISBN
    • 4062582201
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    252p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ