書誌事項

「お陰さまで」 : 三浦綾子さん100通の手紙

久保田暁一 [著] ; 三浦綾子 [手紙]

(小学館文庫)

小学館, 2001.3

タイトル別名

「お陰さまで」 三浦綾子さん100通の手紙

タイトル読み

オカゲサマ デ : ミウラ アヤコ サン 100ツウ ノ テガミ

大学図書館所蔵 件 / 12

注記

三浦綾子略年譜: p212-221

内容説明・目次

内容説明

「私の闘病生活は宝の山…」「弱虫二人、苦しいことも多々ありましたが、幸いまた新年を迎えさせていただきました。まさにお陰さまの一語あるのみです…」帯状疱疹や直腸癌、パーキンソン病などの難病に耐え続け、99年に亡くなった作家、三浦綾子氏。生前三浦氏が著者に宛てた手紙を中心に、その苦難の道を振り返る。夫・光世氏とともに闘病生活をどう耐えたか。あの名作はいかに生まれたか、なぜこれほど多くの作品を遺せたのか…。苦難こそ神の贈物とし、真摯に生きる姿が手紙の中から立ち上り、生きる勇気を呼び起こす。

目次

  • 第1章 三浦綾子さんとの出会いと交流
  • 第2章 苦難の道—「病をも賜ものとして」
  • 第3章 信仰と文学—「祈りをこめて書き上げる」
  • 第4章 隣人への愛と優しさ—「お陰さまの一言あるのみ」
  • 第5章 うるわしき夫婦の絆—「われら二人、弱虫ながら」
  • 第6章 希望の別れ—「三浦綾子さんが私たちに残したもの」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA53744859
  • ISBN
    • 4094021876
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    221p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ