天才数学者はこう解いた、こう生きた : 方程式四千年の歴史

書誌事項

天才数学者はこう解いた、こう生きた : 方程式四千年の歴史

木村俊一著

(講談社選書メチエ, 225)

講談社, 2001.11

タイトル読み

テンサイ スウガクシャ ワ コウ トイタ コウ イキタ : ホウテイシキ ヨンセンネン ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 208

注記

年表: p8-9

参考文献: p221-222

内容説明・目次

内容説明

決闘で二〇歳の命を散らしたガロア、数学勝負師タルターリャ、数学教教祖ピタゴラス…。小数、負の数、虚数、超越数…。方程式との格闘は、数のフロンティア拡大の歴史でもある。いできたれ、二一世紀の大天才よ!7次方程式が君を待っている。

目次

  • 第1章 古代の方程式—バビロニア、エジプト、ギリシア、アラブ世界(パピルスと粘土板の天才たち;ギリシア数学の黄金時代;方程式を発明した男、アル・フワリズミ)
  • 第2章 伊・仏・英「三国志」—数学のルネッサンス(イタリア・ルネッサンス、ヨーロッパ数学の復活;フランスの数学革命;そのころイギリスでは)
  • 第3章 ニュートンとラグランジュと対称性—科学革命からフランス革命まで(対称性の発見、ニュートンの奇跡;ラグランジュと代数学の基本定理)
  • 第4章 一九世紀の伝説的天才—アーベルとガロア(悲劇のアーベル;ガロア、謎の決闘に死す)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA54318812
  • ISBN
    • 4062582252
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    236p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ