書誌事項

市場対国家 : 世界を作り変える歴史的攻防

ダニエル・ヤーギン, ジョゼフ・スタニスロー著 ; 山岡洋一訳

(日経ビジネス人文庫)

日本経済新聞社, 2001.11

タイトル別名

The commanding heights : the battle between government and the marketplace that is remaking the modern world

タイトル読み

シジョウ タイ コッカ : セカイ オ ツクリカエル レキシテキ コウボウ

大学図書館所蔵 件 / 64

注記

年表: 下:p385-397

参考文献: 下:p404-426

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784532190941

内容説明

経済・社会の主導権を握るのは、市場なのか、それとも国家か—。大恐慌とケインズ経済学の登場以来、全世界で繰り広げられてきた政府と市場との格闘のドラマを、政治家や経済学者、官僚らの貴重な証言をもとに、ピュリッツァー賞作家が壮大なスケールで描破。

目次

  • 第1章 栄光の三十年間—ヨーロッパの混合経済
  • 第2章 巨大さという問題—アメリカの規制型資本主義
  • 第3章 運命の誓い—第三世界の台頭
  • 第4章 神がかりの修道士—イギリスの市場革命
  • 第5章 信認の危機—世界的な批判
  • 第6章 奇跡を越えて—アジアの勃興
  • 第7章 黒い猫と白い猫—中国の変貌
巻冊次

下 ISBN 9784532190958

内容説明

官僚による市場統制に失敗した日本、低迷する福祉国家から脱却したイギリス、混迷のロシア、市場原理の急速な導入に揺れる中国、インド、南米諸国…。市場と国家との関係がどのように変化してきたかを検証し、21世紀の経済社会のあり方を問う話題作。

目次

  • 第8章 許認可支配の後に—インドの覚醒
  • 第9章 ルールにのっとったゲーム—中南米の新しい潮流
  • 第10章 市場行きの切符—共産主義後の旅路
  • 第11章 苦境—新たな社会契約を模索するヨーロッパ
  • 第12章 遅れて起こった革命—アメリカの新たな均衡
  • 第13章 信認の均衡—改革後の世界

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ