書誌事項

これで古典がよくわかる

橋本治著

(ちくま文庫)

筑摩書房, 2001.12

タイトル別名

ハシモト式古典入門

タイトル読み

コレ デ コテン ガ ヨク ワカル

大学図書館所蔵 件 / 75

注記

「ハシモト式古典入門」(ごま書房 1997年刊)の改題

内容説明・目次

内容説明

あまりにも多くの人たちが日本の古典とは遠いところにいると気づかされた著者は、『枕草子』『源氏物語』などの古典の現代語訳をはじめた。「古典とはこんなに面白い」「古典はけっして裏切らない」ことを知ってほしいのだ。どうすれば古典が「わかる」ようになるかを具体例を挙げ、独特な語り口で興味深く教授する最良の入門書。

目次

  • 第1章 古典を軽視する日本人
  • 第2章 日本という国にはいろいろな古典がある
  • 第3章 「和歌」とはなにか?
  • 第4章 日本語の文章はこうして生まれる
  • 第5章 「わかる古典」が生まれるまでの不思議な歴史
  • 第6章 人間の書いた『徒然草』
  • 第7章 どうすれば古典が「わかる」ようになるか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ