国家の終焉 : ヘルマン・ヘラーの軌跡

書誌事項

国家の終焉 : ヘルマン・ヘラーの軌跡

南原一博著

(二十世紀の政治思想, 2)

中央大学出版部, 2001.12

タイトル別名

国家の終焉 : ヘルマンヘラーの軌跡

タイトル読み

コッカ ノ シュウエン : ヘルマン・ヘラー ノ キセキ

大学図書館所蔵 件 / 79

内容説明・目次

内容説明

ヘルマン・ヘラーはハイデッガーに対置されるような思想家ではない。彼はやや先輩に当たるマックス・ウェーバーのような天才的な学者ではなく、また同じ年に生まれているアントニオ・グラムシのようなある種の直観を持つわけでもない。彼は終始尋常である。本書でヘラーを取り上げるのは、彼が二十世紀政治思想の現実的焦点となる国家、民族、主権、またそれに対抗する要素を持つ社会主義の問題に、あくまでも正攻法的な取り組みを試みており、まさしくそうであるが故に、その試みの限界点において期せずして二十世紀国家の限界点を露呈させているからなのである。

目次

  • 1 レヴァイアサン—誕生から滅亡まで
  • 2 ケルゼン—実証主義の光と影
  • 3 カール・シュミット—ファシズム的政治概念
  • 4 ヘラーと国民国家
  • 5 社会民主主義と国家
  • 6 国家主権の法的構造
  • 7 大衆民主制とファシズム
  • 8 憲法闘争
  • 9 近代国家のゲシュタルト転換—ヘルマン・ヘラーの遺言
  • 付録 フランス・イデオロギー—弁証法的唯物論の転位

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ