プレホスピタル外傷学

著者

書誌事項

プレホスピタル外傷学

プレホスピタル外傷研究会編

永井書店, 2002.2

タイトル読み

プレホスピタル ガイショウガク

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

VT:TT:Prehospital trauma care japan

編集責任:石原晋

巻末:和文索引, 欧文索引

内容説明・目次

内容説明

本書はわが国の救急医と救急救命士の協働作業(コラボレーション)によって完成したわが国最初の「救急現場学」である。外傷現場に豊富な経験を持つ救急救命士と、日本外傷学会、日本救急医学会などで高い評価を得ている現役救急医が激論を戦わせながら昇華させた結晶なのである。現場経験のない医師が救急処置室の延長で現場を想像しながら執筆した、従来の救急隊員向けの成書とは明らかに一線を画すものである。

目次

  • 第1部 外傷現場学総論
  • 第2部 現場における観察/処置の流れ
  • 第3部 手技
  • 第4部 各論
  • 第5部 多数傷病者
  • 第6部 法的・社会的諸問題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ