アフリカの「小さな国」 : コートジヴォワールで暮らした12カ月

書誌事項

アフリカの「小さな国」 : コートジヴォワールで暮らした12カ月

大林公子著

(集英社新書, 0132D)

集英社, 2002.3

タイトル別名

アフリカの「小さな国」

アフリカの小さな国 : コートジヴォワールで暮らした12カ月

タイトル読み

アフリカ ノ チイサナ クニ : コートジヴォワール デ クラシタ 12カゲツ

大学図書館所蔵 件 / 85

注記

タイトルは表紙による

内容説明・目次

内容説明

西アフリカ・コートジヴォワールの都会の朝。近代的マンションに杵の音がトントンと響く。搗きたての朝食が用意されているのだ。便利さだけを考えずに伝統を大事にするふつうの人たちのふつうの生活の、時はゆったり流れる。「なんで好きこのんであんな危険なところへ?」とよくたずねられる、アフリカ生活通算六年の著者が、日本では忘れられてしまいがちな、人と人とのあたたかい触れあいと、ほんとうの豊かさとは何かを求める「手ざわり」紀行。

目次

  • 第1章 アビジャン生活第一歩(ジャンヌについて;パーニュ ほか)
  • 第2章 異文化のなかで(ミス・コートジヴォワール;音楽祭 ほか)
  • 第3章 アフリカに暮らすこと、とは?(アパートのバルコニーから;新聞売り ほか)
  • 第4章 クリスマス・クーデター(兵士の反乱;クーデター ほか)
  • 第5章 さまざまに、西アフリカ(サヘルの牛追い;村のマルシェ ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ